山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2016年9月13日

駅のホームドア設置は急務

FB_IMG_1473770113927

12日、視覚障害者団体のみなさんと、駅のホームドア設置などを求めて国土交通省に要請を行いました。

8月に銀座線の青山一丁目駅で起きた転落死亡事故。東京メトロは2018年度末までに銀座線全駅に可動式ホーム柵を設置する計画だったといいますが、事故が起きてしまいました。
国交省は10万人以上が利用する駅を優先し、うち800駅にホームドアを設置させる計画ですが、それでは遅いし足りません。要請では、盲学校や身体障害者が利用する施設が近くにある駅など、利用者数だけでなく利用者の実情に即して設置を急ぐよう求める声が出ました。

ある方は、これまでに3度、ホームから転落した経験があるといいます。転落、死亡に至らない接触事故は頻発しています。視覚障害者のみなさんが継続して対策を求めてきたなかで繰り返された、今度の事故でした。

ところが国交省の説明では、痛ましい事故が起きても整備を急ぐ様子は感じられない。ホームドアの設置に時間がかかるのは仕方ないとしても、それまでの間に人員を配置して事故を防ぐという考えも見られませんでした。
検討会を設置し、ソフト面の対策も検討するといい、そこで言われているのは「利用者同士の声掛けを促進する」ーーこれには参加者から厳しい批判が。他の利用者は、同じ客であって障害のある利用者の安全に対して責任を負うものではありません。事業者の責任、監督官庁の責任を曖昧にすることがあってはならない。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-13/2016091315_01_1.html