山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2017年9月20日

堺市長選、維新政治にNOの審判を!

24日投開票の堺市長選、市議補選の応援に行ってきました。市長選は超党派で推す現職の竹山おさみ候補と、維新候補の一騎打ち。市議補選も維新候補が立候補している南区、共産党から堀内まさおさんが立候補。

維新がしぶとく狙う都構想が重大な争点。4年前の市長選で都構想反対を掲げた竹山氏が当選、2年前には大阪市の住民投票で都構想反対が上回り、決着はついたはずでした。しかし維新は、来年秋にはもう一度住民投票をしようと企んでいる。
こんなにこだわっているのは、市を廃止して大阪府に一元化することで、市の財政(市民からの税収と国からの交付金)も権限も取り上げることができるから。召し上げた金は、カジノ誘致や大型開発に注ぎ込む目算です。
前回負けているせいか、維新は都構想を争点として語らない。「カモフラージュする」と述べた吉村市長の言葉どおり、選挙中は頰被りで過ごそうとしています。セコイ。

何かにつけて「身を切る改革」といい、既得権の打破を掲げる維新です。
しかし、国政では政党助成金をちゃっかり受け取り、堺市では市議が政務活動費の不正使用。議員辞職勧告にも、市議会の百条委員会設置にも反対。改革どころか、既得権を悪用する勢力であることが明らかです。
もちろん安倍政治の暴走をアシストする補完勢力としても深刻な存在です。

堺で再び、維新はNOの審判を!
衆院大阪17区予定候補の藤本幸子さんとご一緒しました。