山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2017年9月25日

「国難突破解散」⁈

安倍首相が9月28日、臨時国会冒頭での衆議院解散を表明。
消費税の使途変更で国民に信を問う、北朝鮮対応を含めて「国難を突破するための解散」らしい。

冗談ではない。「国難」というなら安倍首相が総理大臣であることが最大の国難だ。

消費税の使い道を変えることが「国論を二分する改革」だから解散だという。
しかし、子育てや教育に税金をもっと使うことは、多くの人が望んでいることであり二分などしていない。安倍首相は、ムダの削減には努力しているが限界があるといい、例として挙げたのは社会保障費の自然増削減。当然必要な費用を「ムダ」呼ばわりする政治に、くらしのために税金を使う未来は望めません。
だいたい低所得者を支援するなら、なぜ低所得層に負担の重い消費増税なのか。アベノミクスの成果を強調するなら、その恩恵にあずかった大企業や富裕層にこそ、応分の負担を求めるべきではないか。

20分にわたる冒頭発言で、憲法改定については一言も語らず。またその手か。中身のない経済政策、甘い言葉で歓心を買い、選挙後は憲法破壊を狙う。昨日のNHK日曜討論では萩生田幹事長代行が、来年の通常国会での改憲案発議をめざすと述べたばかりではないか。9条改憲こそ国論を二分する、いや国民の多数が望まないにもかかわらず、こちらはだんまりか。いい加減にせよ。

憲法も民主主義もないがしろに、やりたい放題の4年10ヶ月でした。呪文のように唱えてきたアベノミクスも手詰まりでどん詰まり。北朝鮮に対して「圧力」の2文字しか頭にない安倍政権。いよいよお別れの時が近づいている!

それにしても安倍首相、記者からその場で出された質問に答えているはずなのに、ちゃっかり原稿が用意されています。短い時間だったせいか、記者がいずれも改憲について認識を問わなかった(あの読売新聞も!)のも、腑に落ちません。