山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2017年9月27日

希望の党に、希望なし

民進党が、希望する全員について「希望の党」からの立候補を認めていく方針で最終調整に。事実上、両党の合流を意味すると報じられています。
その「希望の党」は、現在のところ安保法制=戦争法を容認する人たちから成っている。今日発表された綱領には、「立憲主義と民主主義に立脚し」とあるが、安保法制の廃止を目指すのか、立憲主義の回復が必要だと考えているか、大事な点で姿勢は示されていません(追記、むしろ安保法制容認の姿勢)。安倍首相がめざす9条改憲についても、否定しようとしない。アベ政治の対抗軸となるものではありません。

今日は衆院比例・東京ブロック予定候補の谷川智行さんや各小選挙区予定候補のみなさんと、京王線沿線で訴えました。府中、調布、千歳烏山、笹塚ーー急な告知にもかかわらず、お集まりいただいた方の姿も。とても励まされました!

同時に、街のみなさんの注目の強さを、引き続き感じます。疑惑隠し解散への不信、繰り返されてきた暴走の数々、加えて北朝鮮対応をめぐる不安感。安倍政権に正面から対決し代案を示す共産党の姿を、もっと打ち出していきたい。
総選挙で、アベ政治を終わらせる。いま求められていることに、変わりはありません。