山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2018年4月13日

(株)明治の学校給食用牛乳、高カカオチョコについて質問

消費者問題特別委員会で質問。株式会社明治の学校給食用牛乳と高カカオチョコレートにかんする問題で。

昨年9月に発生した瓶入り牛乳の異味異臭事件。東京や埼玉の小中学校で約1900人が塩素臭やガソリン臭を訴え、なかには体調不良で病院へ行った人も。数ヶ月経っても牛乳を飲めないという児童もいるほどの事態でした。
保健所が検査に入ったものの、その時点では原因を特定できず。ところが明治は、行政機関に商品の安全性を確認されたと発表し、原因は「子どもの味覚」、再発防止は酪農家に努力を求めるという。
これではあまりにも無責任です。消費者庁として調査をと求めましたが、福井大臣は調査するつもりはないと明言。「消費者の安全安心の司令塔として…」という言葉は、虚しく響くばかりでした。

続いても明治。
昨年1月、高カカオチョコレートで「脳の若返り効果」可能性に道筋、などとする記者発表を内閣府同席で行いました。チョコレートを食べると大脳皮質が肥大化したというこの研究、チョコを食べない被験者との比較がなく、発表直後から疑問が呈されていました。今年3月には外部専門家により、ずさんな実験でエビデンスが得られていないと指摘され、明治は共同研究者からも外れました。
ところが明治は、昨年の記者発表をHPに掲載したまま。昨年は「脳の若返り」発表で大幅に売り上げを伸ばし、そちらが陰ると今度は「高血圧に効く」と効能を変えて、引き続き高カカオチョコレートの販売に躍起です。

消費者に間違った情報を植え付け利益を上げ、間違いが指摘されれば反省もなく次なる打ち出しを考えるーーこれでは消費者をばかにしています。
大臣、適切に対処するというものの、ひたすら答弁書を読むばかり。後の質問のための答弁書を気付かず読み始める場面もあって、不安な感じでした。消費者大臣は長続きしない人が多く、今度の福井照氏も残念ながらその気配が…。

TOPへ