山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2018年5月22日

「高プロ・裁量労働制拡大はいらない!」デモ激励でごあいさつ

22日、日本労働弁護団主催「高プロ・裁量労働制拡大はいらない!〜働く人が大切にされる社会を!〜」に参加。厚労省を望む日比谷野音には、1800人が参加されたとのこと。野党各党も出席し、市民と野党の共闘をと掲げました。

集会後のデモを議員面会所で迎えて激励。参議院では、国民、立民、社民の各会派と一緒に5グループで順次やってくるデモ隊と約1時間にわたってエール交換を行いました。夜のデモ激励はちょっと久しぶり。不思議と、夜の方が緊迫感を覚えます。

23日にも強行採決かと言われていましたが、この間の動きで少しばかり押し返し、乱暴な採決を許さないという状況をつくっています。過労死促進の高プロ削除はもちろん、80時間や100時間、過労死合法化の上限規制もとんでもない。「同一労働同一賃金」という文言すらない、名ばかりの待遇格差是正では不十分です。安倍政権の下で、あえて通さなければならないというものではないでしょう
高プロ撤回で幅広く一致するとともに、一括法案は廃案にという世論を大きくしていきたい。