山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2018年5月25日

働かせ方大改悪一括法案を衆議院厚労委員会で強行可決

自公と維新が、働かせ方大改悪の一括法案を衆議院厚労委員会で強行可決。
過労死促進の高プロも、過労死ライン合法化の残業規制も、あるいは実効性の疑わしい同一労働同一賃金も、数々の批判と疑問にフタをして、成立ありきで突き進む。断じて許されない。

疑惑と不祥事の数々が収まるどころかますます拡大するなかで、「困ったときの数の力」にまたしても頼ろうという安倍政権です。毎年、いや毎国会のように繰り返されてきた安倍政権お得意の、そしてこれ以外にはろくに打つ手を持たない暴走モード。これだけ政権がボロボロでも、暴走するエネルギーを蓄えているとは上等です。

採決は認められないという怒号が飛び交う中、委員長の発声に合わせ音頭をとって委員に起立を指図する与党議員がなんとも見苦しい。写真の中央下、委員席に向かって嬉々として両手を広げているのが、今回その役を担った自民党の堀内詔子議員。映像を見ていると、まるでアトラクションを楽しむように嬉々として動作に励んでいましたが、恥を知るべし。
やはりこんな政治は、終わらせるほかない!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000101-mai-pol