山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2018年6月19日

「つながる会・杉並」が推す三浦ゆうやさんの応援へ

24日投票の杉並区長選が告示されました。 「つながる会・杉並」が推す三浦ゆうやさんが挑戦します。私と同期の弁護士で、原発事故の被害賠償や労働事件にもかかわってきました。 告示前日の昨日は、高円寺駅で街頭宣伝。ちょうどこの日は自由法曹団の会議があり、全国から集まっていた弁護士も多数応援に駆けつけました。幹事長の加藤健次弁護士をはじめ、先輩、後輩の弁護士がマイクを握り、私も団員の一人として応援演説。 さらに後半は、参院議員の山本太郎さんと三浦さんのトークセッション。たまたま私もいたということで、一緒にトークに加わらせていただきました。ただし3人でトークといいつつ、三浦さんがどんどん語るので私たちも思わず聞き入ってしまうほど…! 現在の区長による公用車の私的利用疑惑、保育園の民営化や児童館廃止、区民の声を聞かずに区立施設を縮小廃止し、溜め込み金を積み上げていることなど、縦横に語る。同期の仲間としても、同じく政治にかかわる者としても、とっても頼もしい。 国政があまりにもひどいときに、地方政治が一緒になってくらしを痛めつけるようではいけない。むしろ乱暴な政治から、くらしと福祉を守る姿勢が求められます。 憲法に根差した政治を杉並から、三浦さんに切り拓いてもらえるよう、私もがんばりたい。