山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2021年9月3日

菅首相の政権投げ出しに思う

菅首相が総裁選に立候補しない意向を表明し、首相も辞任へ。
戦後最大の危機というべきコロナ禍で、安倍氏に続き菅氏も政権を投げ出す。無為無策と迷走を重ね、臨時国会の召集すら拒んだ末に放り出すーーこんな国はほかにあるのだろうか。
菅首相は、「新型コロナウイルスの対策に専念したいので、総裁選挙には立候補しない」と述べました。言っている意味がよくわからない。来週には、12日が期限の緊急事態宣言をどうするか、判断が求められます。政府のコロナ対策本部長である菅氏がその責任者ですが、総裁も首相も続けられないと匙を投げる方に、重大局面の判断を委ねよというのか。なんと無責任なことか。いやそれ以前に、この期に及んで国民に対して説明責任を果たさない姿勢を続けるのか。
ひとり菅氏だけの問題ではありません。自民・公明の連帯責任であり、誰が総裁になろうともこの間の失政の責任は引き継ぐというべきです。にもかかわらず、嬉々として立候補表明が相次ぐ節操のなさはなんなのか。
もはや自公政権に政治を委ねることはできない。改めて明瞭です。
総選挙で、野党の新しい政権を!
私たちが求め続けてきた野党連合政権実現の真摯な協議を、直ちに!