山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2021年9月5日

政権投げ出し後、初めての街頭演説

荒川区・町屋駅前で街頭演説。都議のそねはじめさん(北区)とともに訴えました。事前の呼びかけは限られた範囲のみとし、感染対策をとりながら。
菅首相が政権を投げ出し、テレビは早速総裁選モード。候補者や派閥の動きを追う報道ぶりは、まるで昨年のいまごろの再放送を見ているようです。候補者は何人も出てくるのに政策はほとんど語られず、安倍・菅政権の9年にわたる悪政ぶりもスルー。誰がなっても同じだと自ら語っているようなものではないか。もっとも、菅政権と同じことをやるならコロナ対策の失政継承となり、違うことをやるなら、なぜいまごろ?となるのですが。
要するに、自民党のトップが変わればよいのではない。政権そのものを変える必要があります。
野党連合政権は、コロナ対策をどうするのか、どんな日本をつくるのか。やはり、命とくらしを軽んじる政治を改めたい。社会保障費を削り続けるのではなく、命と健康を支える政治に。中小企業が壊れて構わないというのではなく、生業を続け地域を支える政治に。気候変動に本気で向き合う、ジェンダー平等の政治にーーどれをとっても、自公政権のままでは未来を委ねられません。
近くのお店の方が演説を聞いていてくださり、終わった後も「がんばって!」と声をかけてくださいました。
政権交代へ、本気で力を尽くす秋へ!