山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2021年9月8日

市民連合の政策要望に野党四党が調印

日本共産党は今日、中央委員会で総選挙に向けた方針を決定しました。
報道で次の部分が引用されています。
「日本の政治を変えるためには、政権交代が必要だ。新型コロナの感染爆発や医療崩壊は、やるべきことを怠ってきた『自公政権』の人災で、選挙でその人災の責任を取らせたうえで、命を守る新しい政権をつくる」
同じ今日、市民連合の政策要望に野党4党が調印。立憲主義の回復、科学に基づくコロナ対策、消費税減税や原発のない脱炭素社会実現、ジェンダー平等など、私たちが選挙で掲げる方針とも重なる20項目の一致を見ました。
しかも「政権を実現することを目指す」という点での合意。いよいよ政権交代への旗が立つことに!
それにしても、自民党総裁選は誰が出るか、誰が誰を応援するか、あるいは誰かに言われて前言撤回など、「これをニュースでやる必要があるのか?」と首を傾げるような報道ばかりで、この先の日本をどうするかが全然見えてきません。
「選挙で勝てる顔」をと考えているようですが、去年それで選ばれた菅氏が政権を投げ出したことこそ広く周知されるべきではないか。
党内すらバラバラの自民党政権の延命ではなく、野党で新しい政権を!そのために、比例代表選挙で日本共産党の躍進を!