山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年8月15日

71年目の終戦記念日

FB_IMG_1471522954393

71年目の終戦記念日。
安倍政権が再び戦争する国をつくろうとするなか、それを許すまいという幅広い人々の立ち上がりとともに、この日を迎えています。

何年か前の『しんぶん赤旗』の記事をご紹介します。8月15日を「敗戦」の日と呼ぶか、それとも「終戦記念日」と呼ぶべきか。

記事では、どちらを使うかは一概には言えず、「使われる意図と文脈によって適切かどうか検討されるべきだ」としています。
為政者にとっての8.15、国民にとっての8.15、侵略戦争に反対した人たちにとっての8.15、朝鮮の人々にとっての8.15…

この記事は、「国民にとっての8・15は、戦争によって肉親や自分自身の命を奪われる心配がなくなった日でもありました。」として、「終戦記念日」のもつ意味を述べています。
「侵略戦争反対のためにたたかい抜いた人々にとって8・15は、たたかいの正しさが証明された日でした。朝鮮の人々にとっての8・15は侵略者から解放された日『光復節』なのです。」とも。

戦後、日本国憲法を制定し恒久平和を誓った私たちは、以後二度と戦争をしないことになったという意味でも、「終戦記念日」としていきたい。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-14/ftp20080814faq12_01_0.html

ページ
トップ