山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2017年3月7日

共謀罪法案、提出を許すな

この間、連日のように共謀罪に関する院内集会が取り組まれています。私も、時間の許す限り出席させていただいています。

会場を埋める人出となることも多く、心強い。国会前での抗議行動を含め、法案の国会提出阻止をと声を上げる場が確実に増えています。メディアの姿も。そしてその多くで、民進党を含む野党各党から議員が参加し、時間をともにしています。各地でも大小の集まりがもたれていると聞きます。
安保法制=戦争法のときにもそうであったように、こうして国会内外での動きが目立つようになりメディアに報じられる密度が高くなることが、安倍政権にとって無視できない動きとなっています。

折しも今日、条文に「テロリズム集団」を書き込むために閣議決定を先送りか、との報道が。テロ対策なら国民を説得できると踏んできた自公が焦り、政府案に修正を迫り「テロ対策」を偽装しようという。お粗末な経過ではないか。
こんないい加減な法案、決して国会に提出させてはならない!

写真は6日。共謀罪NO実行委員会による院内集会で。