山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2017年8月15日

終戦記念日 「戦後」の継続のために

72年目の終戦記念日を迎えました。日本によるアジア・太平洋地域での侵略戦争の終わりであるとともに、日本国民にとっても天皇制支配と軍部独裁政治の下での戦争が終わりを告げた、大きな節目です。

それから70年、曲がりなりにも続けさせてきた「戦後」を、いま中断させてはならないと改めて思います。

時々、日本の「平和」は9条があったからではないという人がいます。
しかし、9条とその実現を求める運動がなければ、自衛隊の代わりに正真正銘の軍隊が存在することになったでしょう。そしてその軍隊は、戦闘地域に赴き後方支援にとどまらない行動で米軍との一体化をためらわず、集団的自衛権の行使だとしてベトナムやアフガン、イラクなどに派兵されることになったかも知れません。そうならなかったのは、戦争をしない、兵力を持たないとする9条と、それを守らせる人々の力があったからにほかならない。

いま、北朝鮮とアメリカの緊張関係が高まっていますが、軍事的な威嚇や挑発はやればやるほどエスカレートするばかりです。私たちは、軍備拡張を続ける道を選ぶのか、軍拡競争に終止符を打ち別の道をとるのか。

軍事力に頼ったために破滅への道を歴史で体験し、憲法9条という論理で否定した日本。安全保障といえば軍事力しか頭にない政権を前に、私たちの選択が問われています。私は、戦争によらない解決を絶対の条件として北朝鮮やアメリカ、双方にはたらきかけるべきだと考えます。

ページ
トップ