山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年6月7日

マイケル・ムーアを観てきました

1465294880893

映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」を観ました。すでにご覧になった方も多く、その評判に誘われて映画館へ。

マイケル・ムーアが世界の「ジョーシキ」を略奪し、アメリカに持ち帰ろうというこの映画。ヨーロッパ各国の、雇用や教育、刑罰のあり方、差別の克服など、幅広く、しかし表面的でもなく取り上げていました。詳しくは映画をご覧いただく方がいいと思いますが、こういう視点を日本の私たちも持ちたいものだなと感じました。

他国で「ジョーシキ」となっている権利や自由。たとえば、「高学費と借金型の奨学金は、世界でほかにありません」などと、日本の異常さを表現することがあります。
しかし、どの国でも、またどの問題でも、それらが簡単に実現したわけではありません。それぞれなりに社会をよくしようとたたかう人々の連なりがあり、時間をかけて「非常識」が「ジョーシキ」となってきたものです。
このことからは、いまの日本の社会や政治の異常さも、諦めずに変えようと声を上げ続ける限り、変革の展望はあるのだと感じさせます。

余談ですが、この映画、チケットを買う時にタイトルを口にするのが若干恥ずかしい(笑)

写真は公式HPよりスクショで。

ページ
トップ