山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年7月28日

都議補選でも野党共闘が実現

FB_IMG_1469975346830

台東区で都議補選に挑む小柳しげるさんの応援に。大田区とともに台東区の補選でも野党共闘が実現し、民進党の方が応援に来られることもしばしば。自民党候補との一騎討ちです。鳥越俊太郎都知事を誕生させ、それを支える共産党の議席をと、あぜ上三和子都議とともに訴えました。
区内5か所は、参院選の本番中より多い数^_^;
それだけに、いろんな出会いがあります。

浅草のとある場所での街頭演説。近所の甘味処の方が時々顔を出され気になっていました。
演説後、ご迷惑をおかけしましたとうかがうと、店の主人らしき若い男性、「私にも名刺をください。共産党に入りたいんです。安倍を倒しましょう」とおっしゃる。次への移動もあってすぐ失礼しましたが、街頭演説に出かけてこんな反応は初めて!

別のある場所。途中から立ち止まって聴いていた若い男性が気になり、やはり終わってから声をかけてみました。
「鳥越さんどうですか」と尋ねると、「何を訴えているのかわからない」と。それではと例を挙げて政策をお話すると、「できるんですか?夢物語ではだめじゃないですか」という反応。鳥越さんの政策やその裏付けをさらに話してみましたが、納得いかない様子。こちらも次への移動がありチラシを渡して別れました。
鳥越さんの政策が「現実的でない」という声は、新宿での「こんばんは宣伝」でも聞かれました。都政でも国政でも、国民無視の政治があまりに長く続き、政治とカネの問題などだらしない政治家が続出してきました。だから政治に夢を託しても無意味だと思う方も多い。政治への不信を醸成してきた自公政治の責任は、極めて重い。

いま、都知事をねらう自民の2候補は、「現実的」どころか現状をさらに悪くしようという人たち。
「横田基地は福生の宝」と言ってはばからず、東京に核ミサイル配備をなどという小池百合子氏も、岩手県知事時代に公共事業で借金を倍にしながら舛添都政の大型開発を継承するという増田寛也氏も、危なっかしくてとても知事を任せられない。夢物語どころか、悪夢のような都政になってしまいます。

都民に都政を取り戻す、夢のある都政実現のために、必ず鳥越俊太郎都知事を!

ページ
トップ