山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年7月29日

ホンモノの民主主義を実現する都知事を!

FB_IMG_1469975488641

いよいよ都知事選挙は31日投票日。街で訴え、電話で対話してきた実感でも、三つ巴の大接戦という印象です。最後の1日、がんばり抜いた者が勝利を収めるのではないか。最終日は、私も朝から各地で訴えます。

たまたまですが、29日、渋谷で小池百合子候補の演説を聞く機会がありました。
ご本人が訴えていたのは次のようなこと。
①都政の透明化
②外国人観光客を増やして経済活性化
③キャスターと環境大臣の経験、小池百合子にお任せを

高齢者や待機児童、問題だと言うものの、だからどうするということは言わない。さらに言わなかったことは、自主憲法制定、東京で核ミサイル配備をという持論。本性を隠して支持を求めるやり方は、安倍政権そのもの。
東京都という権力を手にしたとき、現れる牙は極めて鋭利なものです。

その後、各界で活躍する女性の応援のもとに現れたのが鳥越俊太郎さん。
3つのゼロを目指す、待機児童ゼロ、待機高齢者ゼロ、原発ゼロと。
「東京都も日本も大企業がもうかれば回ってくるという時代は終わった。これからは違う。本当にお金を必要としているところにお金を使う。そういう経済にしていく必要がある」

やっぱり政治は、政策で選ぶもの。
鳥越さんの政策は、納税者意識、大型開発優先からくらし優先へ、憲法守るーー太い幹があるから、各論の枝もまっすぐ伸びます。そして政策形成にあたっては、声を聞く政治を掲げる。
東京で、ホンモノの民主主義を実現する都知事を!

ページ
トップ