山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年11月1日

辺野古新基地建設、土砂採取・購入計画の中止を

FB_IMG_1478173141519

沖縄、辺野古新基地建設のための土砂採取・購入計画の中止を求める全国連絡協議会のみなさんによる要請行動に参加しました。防衛省と環境省に対して要請文を提出。署名も累計9万3000筆あまりに。

基地建設のための大浦湾埋め立てには、大量の土砂を必要とします。これを全国各地から集める計画。沖縄、奄美、北九州、山口、小豆島から参加されたみなさんが、土砂採取で海岸などが削り取られる様子、セアカゴケグモなど外来種が潜り込んだ土砂が搬出されている危険性などを訴えました。
沖縄では、外来種を含む土砂は受け入れを禁止する条例がつくられています。これは業者が自己点検のうえ申告しているとのこと。それも心配ですが、搬出する側には規制がなく垂れ流しに。搬出元でも搬出先でも、生物多様性を脅かす事態をもたらすーー

埋め立てに用いるケーソン(コンクリート製の基礎)を製造するといわれる、三重県の方も来られていました。

私は、初めてこうした問題を知りました。
辺野古新基地建設は、沖縄だけの問題ではない。それは沖縄に基地の負担を押し付けることは許されないということにとどまらず、日本各地の自然や景観が、米軍基地のために壊されるのを許すのかという問題でもある。沖縄以外に住む私たちにとっても、現実の課題であることを突きつけられた思いです。

各省庁には、要請の趣旨をきちんと受け止め誠実な対応を求めたい。そして住民の声、各地の国民の声を聞かずに進める辺野古新基地は、やはり中止しかない!

ページ
トップ