山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2016年11月13日

日野市からは中野あきとさんを都政へ!

fb_img_1479130228155

都議選で2人区を争う日野市。共産党からは、市議の中野あきとさんが立候補を予定しています。今夜は日野市の演説会で、中野さん、元都議の村松みえ子さん、都議の曽根はじめさんとともに、都議選必勝をと訴えました。

中野さんが都政で実現したいこととして訴えられたのが、①住まい対策、②公共交通の充実、③三多摩格差の解消。
三多摩格差というのは、23区との間で交通網や公共施設について生じてきた格差のこと。曽根さんが紹介されていたのは、例えば都営地下鉄や民営バスで使えるシルバーパスです。多摩地域では使える鉄道がほとんどない。

ちなみに裁判所は立川支部がありますが、あくまでも東京地裁の支部という位置付け。行政事件が扱えず、簡易裁判所の判決に対する控訴事件も扱えない。人事権や予算の決定権も本庁にあるなど、制限があります。
多摩地域の人口は420万人。四国の合計が414万人だそうなので、それより多い。立川支部の本庁化をという要求も上がっています。

現在、多摩地域で共産党の議員は2人。
本物の都政改革のために、そして多摩地域の声を都政に反映させるためにも、日野市から中野さんの議席を!