山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2017年3月13日

沖縄で2つの集い

週末の沖縄訪問。メインは名護での学習会&トークライブでの講師でした。共産党の沖縄県北部地区委員会の主催。

午後は「憲法とくらし・働き方を語る」と題して地区のみなさんにお話させていただきました。なにを話そうかと迷ったのですが、このタイトルならなんでも話せそう。初めてお目にかかるみなさんなので、私はどういう人間か知ってもらうことに主眼を置くことに。折しも「3.11」、福島原発事故の被害賠償事件に取り組むなか、国と東電の責任を回避する姿勢に怒りをもってきたこと、いま国は、事故と被害を終わったことにしようと躍起になっていることなど、弁護士としての原点を久しぶりに話しました。

夜の部は青年部主催のトークライブ。「ブラック企業、働くってどんなこと?」ーー中部の浦添や那覇からも聴きに来てくださいました。働くルールとはどんなものか、安倍政権が進める「働き方改革」の問題などお話したうえで、3つのグループにわかれて討論。
退職させてくれないという友だちにどうアドバイスしたらいいか、公務職場で非正規化が進んでいる、こんなに貧困が広がってきたのはなぜなのか…などなど、たくさん疑問が出され大人の参加者も交えて討論。こういう企画は久しぶりでしたが、私も実態をうかがうことができ有意義でした。

参加してくださったなかに、先日の浦添市議選で初当選したタバタ翔吾さんも。聞くと、昨年9月に立候補を決意したものの、街頭でどんな風に訴えればよいかと考え、ネットで検索。なんと私の演説動画に行き当たり、参考にしてくださったのだとか♫
30歳と若い仲間。嬉しい出会いでした。