山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年1月8日

ものづくりの一大拠点、墨田区で調査

墨田区で中小企業政策に関する調査活動を行いました。全国で初めて中小企業振興条例を制定したのが1979年。条例制定に尽力された西恭三郎元区議にもお話をうかがい、町工場や中小企業センターを視察。

当時9300あった中小企業がいまは2800あまりに激減。高齢化や後継者不足など問題を抱えながらも、内発的な振興策を粘り強く続けられています。中小企業センターは、零細企業では高くて置けない工業機会を業者に貸し出し。いまでも年間約800件の利用があり、今日も利用者の姿がありました。CAD作図を学ぶ講座なども多数開設されています。
ところがこのセンター、自民党が「節約」のために民間委託に切り替えようとしているそうです。民営化すれば採算が取れない部門はどんどん閉鎖、利用料アップなども併せて、使いづらい施設にされてしまいかねません。

ものづくりの一大拠点である墨田区。23区では珍しく、昼夜の人口差が少ないそうです。つまり、人々が地域で動き、地域でお金が循環する環境があります。そして町工場の技術が大企業の製造業をも支えています。
自民党政治は、国レベルでも地域でも、大事にすべき相手を見誤っています。1936676_526894520813013_5878325368685355933_n 12417856_526894527479679_5381384341710402616_n

ページ
トップ