山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2017年6月9日

日弁連シンポ ケナタッチ氏とのスカイプ中継

国連、プライバシー権に関する特別報告者、ジョセフ・ケナタッチ氏とスカイプ中継で結んだ日弁連シンポにうかがいました。弁護士会館の大会場に集まったみなさんが、国際人権の最前線とつながる、貴重な機会でした。

ケナタッチ氏が発した公開書簡とそれに対する日本政府の抗議について、あるいは特別報告者の地位そのものについて、またプライバシー権保障の仕組みについて、通訳を介して様々に語られていました。私が印象的だったのは、「まだ始まったばかり」と繰り返しおっしゃったこと。プライバシー権保障のあり方は、各国で普遍的な課題。日本は欧米諸国に遅れをとっていますが、だからといって恥じるべきことではない。必要なことは、対話であるということも、改めて浮き彫りになりました。

ケナタッチ氏、いま日本の多くの市民からメールが寄せられているそうです。ケナタッチ氏の意見に賛同するものや、今後について懸念するものーーそれぞれに対して、毎日3〜4時間かけて対応されているそうです。
これだけ自由と権利のために真摯な方の指摘を、まるで一個人の私的な意見表明のように矮小化し抗議し非難する、おまけに回答すらしない日本政府の態度は、やはり異常としか言いようがない。

共謀罪法案を、このまま通すなどあり得ない。ことは内心の自由の問題でありプライバシー権にかかわる。今日の指摘を肝に銘じて、さらにがんばりたい。

ページ
トップ