山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2017年7月1日

都政の転換、安倍政権への審判 歴史的な結果をつかみたい

都議選最終日も都内を駆け巡りました。私は大田→品川→調布の順。大田の藤田りょうこさん、品川の白石たみおさん、調布のいび匡利さん。いずれも選挙期間中2度目ですが、前回より街のみなさんの反応は格段に強く感じました。候補者の車に乗れば、遠くのマンションからベランダに出て手を振ってくれる方も。
どこも一票を争う激戦ですが、候補者のみなさんを先頭に勢いをつくってきていることも確かです。

自宅に帰ると自民党のチラシが。私のところでは最終日になって初めて目にしました。
安倍首相の顔の隣に、「信頼の一票。自民党候補に。」ーー悪い冗談でしょうか。いま安倍首相その人を含め、自民党への不信が大きく広がっていることを、まだおわかりでないのか。「逆境の中、真摯に政策を訴えています」ともありますが、身から出た錆。ついでに国政の批判から逃げ回るばかりで、決して真摯に訴えてなどいない。

その安倍首相は今日、都議選で初めて街頭演説に立ったのだとか。聴衆からの批判のヤジに、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と気色ばんだという。ウソとごまかし、強権政治の反省もなく、よくこんなことが言えたものだ。こんな人たちにこそ、負けてはならない。

いよいよ明日は、投票日。歴史的な結果をつかみたい。

ページ
トップ