山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2017年10月4日

相次ぐ航空機トラブル、国交省に対策をただす

画像に含まれている可能性があるもの:13人、、スマイル、座ってる(複数の人)

この間相次いでいる航空機のエンジントラブルや落下物事故について、国土交通省の説明を受けました。

羽田空港を離陸したJAL機のエンジンが火を吹き引き返した件、関西空港を離陸したKLMオランダ航空の飛行機から大阪市内にパネルが落下した件、成田空港に着陸したANA機から2日連続でパネルが脱落した件など。
国土交通省は、未然防止策を講じるといいます。しかしその内容は、駐機場で航空会社が行なっている点検を徹底し、国交省の職員が適正な点検がされているかを確認するというもの。それで部品の脱落を見抜ける保証はありません。もとより、到着便から着陸前に部品や氷が落ちるのを防ぐものではない。

落下物の危険をゼロにすることは不可能です。大阪の例では、高度3000m航行中の脱落であり、風に乗ったせいか航路から外れた地点に落下しています。一歩間違えば甚大な被害を生じる。
そのことがわかっていながら、羽田空港の国際線増便のために都心上空の飛行ルートが計画されています。現行の海上ルートを変更し、住民に騒音や落下物の危険を強いて陸上ルートをとるべきではない。訪日旅客を増やすことによる経済成長、国民には苦難を押し付ける、安倍政権の政治がここでも問われています。総選挙で変えて、新たな展開としたい。

品川、大田、港、江東、江戸川のみなさんのほか、衆院選比例東京ブロックの予定候補、谷川智行さん、坂井和歌子さんともご一緒しました。

ページ
トップ