山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年4月30日

特定整備路線を止めようー都内各地で立ち上がるみなさんとともに

東京都が進める特定整備路線を止めるために立ち上がっている都内各地のみなさんが集まり、全都総会。私もこの間、道路建設の予定地とされる地域を訪れてきましたが、今日は参加者として勉強してきました。

埼玉大学名誉教授の岩見先生は、まちづくりにおける公共性が変容させられていることを指摘。都内の特区における容積率の大幅な緩和など、「世界で一番企業が活躍しやすい国」のためといって進める政治を「異次元の規制緩和」と表現されていたのが印象的でした。
企業の利益のためには、いまある規制を取り除きなんでもやらせる一方で、特定整備路線のように70年前の都市計画を蘇らせて「すでに決まったことだから」と住民無視で強行しようとする。防災や交通の円滑化という目的を並べていますが、人口も周囲の環境も異なる終戦直後を前提とした計画を見直さないとは、呆れてしまいます。

各地で住民のみなさんが立ち上がり、なかには地域のほとんどが反対の幟を上げているところや、区議会で建設反対の請願が採択されたところも。住民の声を聞かない政治が、ここでもそのあり方を問われています。

0430特定整備路線

ページ
トップ