山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年5月3日

東京・有明の憲法集会に5万人が参加!

69回目の憲法記念日を迎えました。
東京・有明で開かれた「5.3憲法集会」には5万人が参加。会場は、見渡す限りの人で埋め尽くされていました。憲法そのものが危ぶまれるなか、多くの人が自然に足を向けたという感じで集ったように思います。

各分野で活動するみなさんのスピーチも各政党代表によるスピーチも、安倍政権による憲法破壊を許さず、参院選で政治を変えようという明確な方向性が共通していました。
生活の党・小沢代表がいう「とにかく選挙に勝つこと」も、単なる政権交代を目指すものではないはず。
「憲法を変えるのではなく、憲法をないがしろにする政治こそ変えよう」という共産党・志位委員長の訴えは、多くの人が思わず「そうだ!」と口にしたのではないかと思います。

「権利の保障が確保されず、権力の分立が定められていない社会は、すべて憲法をもつものではない」というのは、1789年のフランス人権宣言16条にうたう「立憲的意味の憲法」。
憲法違反の安保法制を強行した安倍政権。今度は、政府の認める範囲でしか権利を認めない、すべては法律の定めで制約しうる=「多数派」の思いのままという政治を目指す安倍政権です。
いまこの、権力を制限するための憲法という立憲主義のあり方が、正面から問われています。

参院選、私たちは日本国憲法が目指す社会を選ぶという結果を!

0503憲法集会

 

ページ
トップ