山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2022年6月17日

「想定外」で片付けるのは許されない

福島原発事故の被害賠償訴訟4件で、最高裁が国の責任を否定する判決を下しました。
弁護士時代からかかわってきた事件でもあり、落ち着かず過ごしました。不当判決の報らせを弁護団から受け、報告集会へ。

津波は予見できたのか、巨大地震の可能性をを指摘した2002年の国の長期評価の信用性は認められるか、それを受けて国はきちんと役割を果たしたのかーー最大の争点について判断をスルーし、「仮に対策をとったとしても事故は防げなかった」とした逃げの判決です。

すでに東京電力に対しては、賠償を命じる判決が確定しています。しかし東電は、責任があろうとなかろうと賠償するという、「無過失責任」が法律で定められているために賠償するのであり(自動車事故の自賠責保険と似た仕組み)、事故を起こした責任があるから賠償するのではありません。
国の責任を免じるということは、誰も責任をとらないということになります。安全神話をふりまき、あれだけの事故を起こしておきながら、こんな理不尽が許されてよいはずがありません。

「想定外」で片付けることが許されるなら、今後も事故が起きると「想定外だから仕方ない」となりかねません。
原発をめぐる無責任体制がはからずも露呈したいま、やはり原発はゼロにするしかない。

たたかいは、これから。

ページ
トップ