山添 拓 参議院議員・日本共産党

ブログ

2016年12月27日

辺野古新基地建設 再開に抗議

fb_img_1483616671285

辺野古新基地建設が再開。
最高裁判決を受けて翁長県知事が埋立承認取消しを撤回した後すぐの素早い行動。準備も周到に進めていたのでしょう。

私は今年3月、裁判の和解によって工事が止まった直後の辺野古を訪れました。警戒する海保隊がいましたが、それでも一時の平穏がありました。その後、工事のために範囲を区切るフロートも撤去されていました。これからまた、辺野古の海が区切られようとしています。

国の主張をなぞっただけの高裁判決からわずか3ヶ月。最高裁が県の主張をろくに吟味しなかったことは、あまりのスピード判決が物語っています。司法府としての判断を投げ打って、アメリカ言いなりの政権に従う判決に憤りを禁じ得ません。

しかし、この判決で確定したのは、埋立承認取消の是非だけ。工事の設計変更許可、岩礁破砕許可の更新など県の権限は、まだ様々にあります。
あらゆる権限を行使して移設を阻止するとの翁長県知事の発言は、これまでにも繰り返されてきたものですが、この局面でも確認されたことに多くの人の思いが込められています。

それにしても、どこからどう見ても新基地建設なのに、相変わらず「移設」と報じるNHKほかマスコミ報道。オスプレイ事故での「墜落」→「不時着」といい、メディアはどこまで政府の広報役に徹するつもりなのか。

以下は毎日新聞の記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000088-mai-soci