山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2017年5月3日

70回目の憲法記念日に

70年目の憲法記念日。新宿で街頭宣伝を行なった後、「5.3憲法集会」に向かいました。

安倍首相は、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と明言するビデオメッセージを発したという。
半世紀ぶりに開催される東京オリンピックを変化のきっかけにしたいと、かねがね思っていたという。共謀罪といい、無頓着に進める開発といい、オリンピックと結びつければ何でも通るとでも思っているのか。国民を馬鹿にするにもほどがある。

改憲項目には、9条を最初に挙げています。いわく、「私の世代は自衛隊を『合憲化』することが使命」ーー国防軍創設を書き込んだ自民党改憲案があまりに評判が悪く、一方で安保法制=戦争法で破壊的な解釈改憲を行なったのをいいことに、殺し殺される自衛隊を正面から位置付けようという魂胆か。
安倍首相のいう自衛隊「合憲化」は、災害救助の任務にあたる自衛隊などではない。アメリカとともに戦地に赴く自衛隊、武力を行使する自衛隊を、「合憲」にしようというものでしょう(つまり、いまのままでは違憲とご承知だということにもなるのですが…)

しかし、国民の多数は9条の意義を評価し、その改変を求めていない。その声はますます高くなっていることが、世論調査でも数字に表れています。

北朝鮮をめぐる事態が緊迫するなか、求められているのは戦争を避けることを絶対条件とした対応ではないか。軍事的選択に傾くアメリカと、それに従う日本。安倍政権は9条を邪魔者にし、戦争を否定しない政治だという正体を、広げたい。

9条による平和は理想ですが、それは日本が70年間、曲がりなりにも体現してきた理想です。私たちは、9条が掲げるこの理想を、大事にすべきだ。

ページ
トップ