山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年5月6日

69回目の憲法記念日

憲法記念日を前に各社が行った世論調査では、特に憲法9条の改正について「必要ない」とする意見が多数と報じられました。安倍政権のねらいとは裏腹に、国民は、憲法を変える必要はないと考えていることがはっきり示されています。

この朝日新聞の調査で大事だと思うのは、「憲法はどんな存在か」という設問について、「簡単に変えない方がよい」が58%、「柔軟に変える方がよい」の35%を上回ったこと。さらに、「新しい権利や条項を新たに加えるべき」は36%で「いまの憲法でも十分」の55%の方が多かったということ。
権力を縛る法という立憲主義の考え方が、広がりつつあることを感じます。個人の権利を保障するための憲法だという理解があるからこそ、「新しい人権」や「緊急事態条項」の必要性には懐疑的な意見が広がるのではないか。

憲法は国民のものであり、政府のものではない。もちろん安倍首相のものでもない。
憲法解釈を勝手に変えてあまりにも明確な違憲状態を作り出し、憲法そのもののあり方も否定して我が物にしようとする安倍政権に、憲法改正を語る資格はありません。

0506憲法調査

ページ
トップ