山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年5月28日

今こそ核兵器の廃絶にふみだせ

オバマ大統領の広島訪問。アメリカ大統領として初めて被爆地に立つというその決断に、敬意を表したい。

核兵器がもたらした被害の異質さは、その地でなければ感じることができないものだと思います。私も学生時代、原水爆禁止世界大会で広島を訪れ、被爆者の話を何度もうかがいました。語り部を訪ねてフィールドワークをしたことも。身近な人など多くが助からなかったことを思い、「自分が生き残ったことを申し訳なく思う」と話される。聞くたびに、この過去を消し去ってはならないという思いを強くします。

オバマ氏、平和公園で「過去から学び、選択することができる。戦争が起こらない世界、残虐性をたやすく受け入れない世界をつくっていくことができる。」と話したといいます。
そのための道筋を、核兵器をもつアメリカこそが示すべきだと思います。核による抑止から、核によらない抑止へ、さらに武力に頼らない「抑止力」の体制構築へと、いい加減踏み出すべきではないか。

それにしても、オバマ氏の後にスピーチした安倍さんは、「日米同盟は希望の同盟」と自身の言葉に酔いしれた様子。「再び、このような悲惨な経験を 決して繰り返させてはならない」というものの、行動が真逆なだけに空疎に響く。

FB_IMG_1464438805795

ページ
トップ