山添 拓 参議院議員/弁護士 東京選挙区候補 日本共産党

ブログ

2016年6月17日

高浜原発運転差し止め、再び司法判断

FB_IMG_1466162556282

高浜原発の運転差し止めを命じた3月の大津地裁決定。関電が、その差止めの効力を一時停止するよう求めた事件で、裁判所は関電の申立てを却下。引き続き、高浜原発の運転は認められないことに。

なにがなんでも運転を再開したい関電は、この申立てのほかにも、仮処分決定に対する保全異議の申立てもしており、こちらも近々判断がされる見通し。異議審は、関電の要望で1回の審尋期日で終わったようです。

記事には、今回の却下決定の理由についても言及が。福島第一原発事故の原因について説明が不足している、そもそも一応の原因究明が終了しているわけでもないーーそのとおりだと思う。
少なくとも、国や東電の福島原発事故を受けての態度は、「想定外で防げなかったもの」ということに尽きる。いささかも不備はなかったという姿勢には、被害賠償を求める各地の裁判で原告団を落胆させ、怒りにつながっています。起こしてしまった事故についてすら誠実に向き合えないのに、根本的に危険を取り除けない再稼働など、許されるはずがない。

今度の参院選は、原発にしがみつく安倍政権をこのままにしてよいかを問うものでもあります。利益だけを追い求め、原発再稼働を急ぐ電力各社。伊方原発の再稼働は7月下旬が狙われています。原発ゼロと再生可能エネルギーへの転換へという声も、国政選挙で示す必要がある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000111-san-soci

ページ
トップ